塩野征四郎公式ブログ ご挨拶にかえて。
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-01

ご挨拶にかえて。

ETV特集「枯葉剤の傷痕を見つめて~アメリカ・ベトナム 次世代からの問いかけ」というドキュメンタリーが放映されておりました。



皆様は、”エージェント・オレンジ” をご存知でしょうか。

エージェントは散布される農薬を意味します。カラーは3種、オレンジ、ホワイト、ブルーがあり、オレンジは成長や代謝を阻害する成分が含まれ、
エージェント・オレンジは所謂”枯葉剤”を意味します。その成分は農薬の100万倍といわれる毒性を持つダイオキシンです。



ベトナム戦争(1960年12月 - 1975年4月30日)は「エコロサイド(生物皆殺し)」戦争とも言われました。

アメリカ軍は戦況を有利にするため、「人類が生み出した最悪の化学物質」ダイオキシンが主成分の枯れ葉剤を大量に使用しました。

南ベトナム解放戦線や北ベトナム軍が潜むジャングルを枯らすために、アメリカ軍は、枯れ葉剤を大量散布しました。
これにより緑のジャングルは枯れ果て、枯れ木が広がる荒野となりました。

そしてその後、その場所にいたベトナムとアメリカの民間人と兵士たちはガンや糖尿病などの疾患に悩まされ、戦争後に生まれた子どもたちは重症な先天性障害をに苦しめられ、それは今も続いています。
 
体がくっついたまま生まれ、日本で分離手術を受けたベト君とドク君のはその悲劇のほんの一例にすぎません。



今、我々一般社団法人行政書士協議会は、大阪府より委託を受け”大阪ウェルビーイングサービス事務処理センター”として大阪府下の小規模障がい者サービス事業所の事務処理支援を行っています。
その支援は、事業所とセンターとのBtoB(ビジネスtoビジネス)の関係において行いますが、私たちはその先にいる障がいを持つ当事者やそのご家族の姿をしっかりと見つめなければならないと考えています。


先天的であれ後天的であれ、障がいを持つ者とそうでない者は共に生活者であります。


前述の番組の最後では、障がいを運命として受け入れ歩みだす者とそれを支援する者たちの姿が描かれていました。
障がいを持つ者と持たざる者はもちろん、ベトナムやアメリカ、日本という国籍に捕らわれず、私たちは、障がい者福祉を見つめていかなければいけません。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shiono

Author:shiono
 一般社団法人行政書士協議会理事長として大阪府より委託事業推進の責を預からせていただいております。
 福祉はもちろん政治、行政、時事と日々発信させていただき、皆さまにお届けすること叶えば幸いでございます。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。