塩野征四郎公式ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-25

委託事業の終焉が近づいてきました。

試行錯誤を重ねながら、OWS(大阪ウェルビーイング・サービス)の支援活動が終わろうとしています。

初体験のこの事業をここまでやってこられたのは、支援スタッフ
のおかげであることは言うまでもありません。

一昨年の8月に資金不足の(民間会社でいえば大赤字)この事業を
突然引き継ぐことになりました。

9人で立ち上げたこの事業を資金繰りも考えずに6か月で使い果たし、
残るはどう計算しても未払いの負債の山でした。

当初の約束通り仲間には支払うこともできず、頭を下げて理解を求めました。
交徳ビルの敷金、机等什器の購入、通信設備等、また大阪府からの委託業務

の補償金一千万円も何故か理事長個人が建て替え、交徳ビルの整理等の費用
は全く知らぬふりをされました。

それでも仕掛けた仕事は最後までするものです。支援員のレベルを上げるため
の実務研修を重ね、事業所との絆を高めるためすべての事業所を訪問しました。

今は、感謝の気持ちでいっぱいです。
2012-02-13

この道は、いつか来た道

何故だろう、一度通ったような気がする。何時だったのかな、
ついこの間かな? 遠い昔だったかな・・・・・・・・・・

はっきりと記憶に残っているときと、なんとなく覚えているような
気がするときがある。

つまらない思いで、悲しい思いで、楽しい思いで、そしてなんとなく
覚えているようような・・・・

忘れてしまいたい思いでが湧き上がる。
少しずつ・・・少しずつ変化しながら、同じことを繰り返している。

そして、同じ道をいつの間にか歩いている。
歩きながら、いつか通ったことを思い出した。

この道をいつか通った時は、苦しかったな・・・そんなな思い出が・・・
でも今は、心から楽しい気分でこの道を歩いている。


2012-01-12

美容整形と形成外科との違い?

昨年夏に、右頬の「シミ取り」をしました。
谷町の美容整形でした。

以前ブログでご案内しましたとおり、はがき大で8万円・・・・保険は全くダメ
そのブログを見た知人が、「なんで、そんなに高いねん」
「保険がきいて1万円ぐらいで簡単にしてくれるで」と、言ってきました。

本当やったら教えてや」と言ってましたが、その後音沙汰がありません。
仕事のことで会う約束をしついでに詳しく聞いて見ました。

本人が行ったのでなく、聞いた話でした。
「あんたが行ったのでなければ信用出来んわ」と言ってそのままにしていました。

忘れたころ電話があり、「例のしみとりやけど・・・」
クリニックの名前と電話番号がわかったと言ってきました。

実は、ミニコミ誌に載っていた美顔のエステを訪ねました。
入るなり、上から下までじっくり見られて、「エステの技法については
専門を呼びますから暫くお待ちください。」

10分ほど待たされた上に長い説明・・・・・また違う人が出てきて
「かなり難しいシミ取りになるので、大体で・・・・35万円ほどかかります。」

    ついに来た、と思った。

さて、昨年の夏に8万円。エステで35万円・・・・・・紹介してもらった形成外科で
保険が使えて6,000円、いったいこの世界はどうなってるんや!!!

「シミ取りも、禿も、しわ取りもみんな寄っといで」美男美女になりましょう。
          
         たったの6,000円です。
2011-12-09

めまぐるしい一年

複雑で多岐にわたるこの世の中、
時代の流れとともに益々混迷を極めてきた。

純粋に生きることが難しく、
純粋に人を愛することが悲しくて、
心から人を信じることができなくなる。

先だって来日したブータン国の国王
愛する人と結婚し、その新婚旅行に日本を
選んだという。

新しい文明を追及するのではなく、自国の文化を
頑なに護っていく若き国王、そしてそれを支える
僅か71万人の国民

それが爽やかに目に映る。
日本国は、国賓としてその国王夫妻を招いた。

恒例として行われる宮中晩餐会に現職の大臣が
欠席、政治活動のためという。

どちらが幸せな国だろう。
人間も、同じく文明ばかり追いかけなくとも
幸せの色と、幸せの香り・・・・・・

何よりも世の中への「愛」の戸惑いを感じるのは、
わたし一人ではあるまい。





2011-11-08

ベトナムへ行ってきました。

 べトンナム戦争終結(1975年3月)後36年の歳月
が経つ。
 そのベトナムに4回目の訪問になる。
最初に行ったのは20年も前であった。
当時は戦争の爪痕がそこ、ここに残っており
観光できる地域は限られていたものであった。

「ぼったくり」のシクロ(自転車の前に人が乗る
三輪車)ひととおり近辺を一巡して帰って来ても、
絶対にホテルの前まではいかない。
 ボーイの見えないところで当初と違う金額を請
求する。ひったくり、赤ちゃんを抱いて(他人に借
りてくる。)物乞いなど日常茶飯事、歩いていると
冷たい手でひたひたとと地肌に触って来る。

 もうそんなベトナムは存在しない。それでも1か
月の収入は日本円に換算で約一万円。
所得格差は否めない。

今回の目的は二つあり、どちらも90点の仕事内容
であったが、学生時代の試験ならともかく、仕事は
100点を取らなければ合格とはならない。

 ホーチーミン(旧サイゴン)は、空爆など受けて
いないので、古い建物が残っている。
長期に亘ってフランスに植民地化されそれ以前は、
中国に千年以上統治され国民は疲弊しきっていた。
言葉は、アルファベットであるが、実際は、ベトナ
ム語は漢字であった。
 
 中国以降80年間フランスによって統治されアル
ファベット化されたのです。
従って料理はフランス料理が得意とされていますが、
PHO(フォアオー又はフォー))と発音し、米粉の煮麺
(入麺)があっさりして美味い。ところが、そのフォー
に肉を入れる。
 半湯での肉なのでどうもしつこい。

一杯約40~80円位、素うどんならぬ素フォーなら25円位
これもアルデンテで煮過ぎたフォーは美味くない。

 今回のホーチーミンは経済発展めざましく街並みが凄く
綺麗になっていた。
それでも、ひったくりは後を絶たない。
 
  ベトナムと言えばアオザイ
体の線がそのまま出るので、何ともなまめかしいが、
最近のベトナム女性は、体も大きくなり、艶めかしさは
ない。ベトナムコーヒーもおいしい。
買って帰ろうとしたが、現地の知人の娘が、
お土産に買ってあるので買うなという。
帰国してから箱を開けると・・・・・・・・・・・
インスタントのネスカフェであった。重たさと
疲れがどっと出た。
「そんなもんや」と誰かが、言っていました。
          ベトナムの話は終わります。




プロフィール

shiono

Author:shiono
 一般社団法人行政書士協議会理事長として大阪府より委託事業推進の責を預からせていただいております。
 福祉はもちろん政治、行政、時事と日々発信させていただき、皆さまにお届けすること叶えば幸いでございます。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。